MENUCLOSE

HOME
  • ショップニュース
  • J-サーキットから「健康に美しくダイエット」をテーマに栄養や食事・普段の生活で心がけたい事をご紹介します☆

J-サーキットから「健康に美しくダイエット」をテーマに栄養や食事・普段の生活で心がけたい事をご紹介します☆

J-サーキット

トレーニングジム

夏バテに直結するミネラルの効果的な摂り方

皆様こんにちは。
今年は梅雨入りが遅く、体調管理が難しい夏になりました。いかがお過ごしでしょうか?
熱中症や夏バテにならないよう、充分にお気をつけてください。そのために前回は水分の摂り方やビタミン摂取についてお話しました。

 

今回は、不足しがちな、そして不足してしまうと夏バテに直結するミネラルの効果的なとり方についてご紹介します。

 

熱中症には、一時的に脳への血流が不足することによって起こる熱失神(立ちくらみ)、汗と一緒に塩分が失われることによって起こる熱けいれん(こむらがえり、足がつる)、大量の汗をかくことで脱水状態がひどくなることで起こる熱疲労(頭痛、吐き気、嘔吐)、体温調節ができなくなり体温の上昇が止まらなくなる熱射病(意識障害、ひきつけ)があります。

 

特に、ミネラルの不足で起こる熱けいれんは、運動中にも起こりやすいのですが、食事で必要なミネラルが十分に摂れなくなると、寝ている間にも汗で失われ、明け方に足がつって目が覚めるといったことも起こりやすくなります。

 

運動中に大量に汗をかいた時に一緒に失われる塩分はほとんどがナトリウムなので、運動中には水分と一緒にナトリウムを補給すればよいのですが、普段の食事ではナトリウムは食塩として摂りすぎていることが多く、それ以外の塩分=カリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラルを意識して摂ることが重要です。
特に、これらのミネラルは普段の食事で摂取しにくい栄養素です。下記を参考に多く含む食品を3食の中に必ず取り入れるように心がけましょう。

 

ミネラル 多く含む食品

カリウム

ドライフルーツ、アボカド、果物、海藻類、大豆、豆類、ほうれん草
カルシウム 牛乳、ヨーグルト、小魚、桜えび、海藻類、大豆、豆類、納豆
マグネシウム 胚芽米、豆類、ナッツ類、海藻類、小魚

 

小魚や海藻類に多く含まれるカルシウムは、クエン酸や酢酸などの「酸」と一緒に摂ると吸収がよくなるので酢の物や食後のデザートにオレンジやグレープフルーツ、キウイなどの酸っぱい果物を摂ることをオススメします。
また、これらのミネラルは、加工食品や菓子、ファーストフードに多く使われている食品添加物によって吸収しにくくなります。可能な限り利用する機会を減らしましょう。

2019/09/07 掲載

J-サーキット

ショップ業種
トレーニングジム
営業時間
10:00 ~ 21:00(詳細は上記)
フロア情報
1F
TEL
0584-47-5811
ショップ詳細